お客様の『ずっと安心』のために、
『一所懸命』であり続けます。

お客様の『ずっと安心』のために、
『一所懸命』であり続けます。

私たちの経営理念は『一所懸命』です。
つまり、佐倉市でしかリフォームをしません。

ホームページでも繰り返しお伝えしているとおり、私たちの生涯の仕事は、お客様に貢献をしていくこと、さらに手厚くサポートしていくことです。
そのために、大きく広げずに「佐倉市だけ」と決めました。

そして、このようにも考えています。
売り上げを増やし続けることと、お客様に貢献していくことは、両立できない。
もちろん、売り上げを増やすことを優先していても、困っているお客様が目の前にいれば、その時はサポートできるでしょう。
しかし、それだけでは私たちの生涯の仕事とは言えません。
お客様のこれからの老後を支えていくために、何度も何度も繰り返し、サポートをさせていただきたいのです。

「小さな仕事」こそ、私たちの生涯の仕事です。

私たちの仕事は、大きく2つに分かれています。
ひとつは、その名のとおり「リフォーム」です。
キッチンを新しくしたり、外壁を塗り替えたり、そして、間取りを変えたりと、お客様にとっても私たちにとっても、楽しくもあり、とてもやりがいがあります。

もうひとつは「修繕・メンテナンス」です。
“水漏れ”“雨漏り”“ドアが開きにくい”“トイレが詰まった”“お湯が出ない”など、お客様もお困りになった経験があると思います。
しかし、これらは「小さな仕事」と言われてしまい、同業者やハウスメーカーはやりたがりません。
なぜなら、儲からない、利益にならないからです。

私たちにとっては「小さな仕事」ではなく、これこそが生涯の仕事なのです。
お客様から「水が少し漏れてる」と連絡があったとき、私たちはすぐに駆けつけたいのです。
こういったことが、佐倉市に限ることで、私たちの努力次第で続けられます。

「適正価格」とは

私たちが考える「適正価格」とは、職人が丁寧な仕事ができる「価格」のことです。
こういったことは、お客様からすれば当たり前のことだと思われるでしょう。
しかし、実際にはこの当たり前のことが行われていないのです。

私たちのリフォームは、同業者と比べて、高いと言われます。
たしかに、リフォームをするときにお支払いいただく費用は少し高いかもしれません。
しかし、長い目で見れば、結果として、私たちのリフォームは安くなります。
それも、新聞チラシに“大安売り”を謳っている会社と比べても、圧倒的に安いと断言することができます。
なぜなら、“大安売り”を謳っている会社は、創意工夫や効率化により安くなるのではなく、安い材料や腕の悪い職人を使って、安く見せているだけなのです。
工事期間を短くしたり、なんでもかんでも職人に押し付ければ工事費は安くなります。
こういったことが、結果として“手抜き”や“仕上がりが悪い”と言われ「クレーム産業」とまで言われてしまう現状にしているのです。
職人を責めることはできません。もともと無理だったのです。

私たちは、当たり前のように職人が丁寧な仕事をするための「適正価格」にこだわっています。
リフォームした後、お客様に余計な時間とお金を使ってほしくないからです。
そして、なにより大切なこととして、長く『ずっと安心』して暮らしていただけます。

職人のために

職人は、良い仕事をしたいと思っています。
それは、お客様のために、そして、自分たちのためにもです。

しかし、それができない状況にあります。それは、先にお伝えしたとおりです。

私たちは、職人のために、良い仕事ができる環境を整えたいと考えています。
職人のためでありながら、結果的に、お客様のためになるからです。
お客様のためになるということは、社員のためにもなります。
そして、私たち(会社)のためにもなるものです。

私たちは、お客様・職人・社員・私たち(会社)に、佐倉市を加えて、この五方が平等に良くなっていくために、『五方よし』という経営方針を掲げています。

『五方よし』を掲げたわけ

売上・社員数・店舗数は、右肩上がりで増えなければいけない。
工務店はいつから、このようになってしまったのでしょうか。

昭和50年代までは、ガンコそうな大工が近所のお客様のために、丁寧な仕事をして喜ばれていました。
チラシを撒かなくても、良い仕事をすれば、自然とお客様に頼まれる。
そんな時代がありました。

しかし、今は毎週のように工務店のチラシを見ない日がありません。
そして、ほとんどの工務店が「安さ」を売りにしています。
消耗品なら、ディスカウントストアのように、どこよりも安いことがお客様のためになるのだと思います。
しかし、リフォームは消耗品ではありません。
お客様が、これからも安心して暮らしていくために行うものです。
それなのに、チラシやホームページには、まず第一に「安さ」、続いて「店舗がたくさんあります!」、そして、最後は「今だけ○○をプレゼント!」です。

これは、本当に「お客様のため」でしょうか。
私たちは『五方よし』を掲げることで、常に私たち自身を点検しています。
本当に「お客様のため」か。本当に「社員」のためか。

そして、文字どおり「お客様よし」「社員よし」「職人よし」「佐倉よし」「会社よし」を実現して、正しいリフォームと正しい経営を行っていきたいと考えています。

会社情報

会社名(商号) 株式会社ハウジングボックス
代表取締役 村上 仁
設立 平成13年9月
資本金 1,000万円
建設業許可 千葉県知事(般-29)第40397号
建築士事務所登録 千葉県知事 第2-1805-6919号
本社兼ショールーム 〒285-0837 千葉県佐倉市王子台4-1-14 google mapで見る
工房 兼 倉庫 〒285-0854 千葉県佐倉市上座872-13 google mapで見る
従業員数 従業員数 25名・パート含む(2021年4月現在)

一級建築士 1名
二級建築士 2名
二級建築施工管理技士 1名
福祉住環境コーディネーター二級 1名
第二種電気工事士 1名
ガス可とう管接続工事監督者 5名
TEL 043-461-9065(代表)
FAX 043-489-0275(24時間)
Eメール info@housing-box.co.jp
施工対応地域 佐倉市のみ
業務内容 リフォーム・増改築・リノベーション・ガーデニング・外構工事・店舗改装
加入団体

沿革

2001年1月 佐倉市王子台に於いてグランディアホーム設立
新築住宅事業を開始
2001年9月 株式会社へ法人化
商号を「グランディアホーム株式会社」とする
2001年12月 一級建築士事務所 千葉県知事登録
2002年1月 リフォーム事業部を発足
2002年8月 建設業許可 千葉県知事許可取得
2003年4月 ショールーム『ホームプラザ佐倉』をオープン
2005年12月 新築住宅「ロハスハウジング(自然素材の家)」事業を開始
2008年6月 『自然素材建築研究所』発足、代表村上が所長を兼務する
2008年12月 代表村上が著作『自然素材の教科書』を自費出版
2009年12月 代表村上が著作『リフォームで絶対に失敗しないために大事なこと』を自費出版
2010年3月 千葉県産材(天然乾燥)の取扱いを開始
2011年4月 成田支店を開設、同店内に雑貨店“ナチュラ”を開店
2011年12月 木造耐震サービスを開始
日本木造住宅耐震補強事業協同組合(木耐協)加盟
2012年4月 自社及び、専属職人集団『まごころ職人会』発足
2012年12月 佐倉市六崎に、リノベーション・マンションモデルハウス完成(売却済)
2013年3月 成田市はなのき台に、新築モデルハウス完成(売却済)
2013年5月 二級建築士事務所に変更
2014年3月 佐倉市寺崎北に、新築モデルハウス完成(売却済)
2014年6月 成田支店を本社に統合、雑貨店“ナチュラ”を閉店
2016年11月 会員制度「まごころプレミアム倶楽部」開始
2017年6月 佐倉市大崎台に、リノベーション・戸建モデルハウス完成(売却済み)
2017年9月 佐倉市王子台1丁目から王子台4丁目1−14へ本社移転
同時に「暮らし体験型ショールーム」をオープン
2018年1月 暮らし体験型ショールームを『ハウジングボックス』と命名
2020年3月 新築事業を終了
2020年4月 創業20周年創業20年、代表村上のご挨拶
2020年9月 称号を「株式会社 ハウジングボックス」に変更社名変更のご挨拶

アクセスマップ

  • 電車でお越しの方:京成本線 臼井(うすい)駅 南口より徒歩6分
  • お車でお越しの方(駐車場あり):東関東道 四街道ICより約15分