まごころサポーターブログ

  • 2017.01.16

お湯が出ない?

皆さんこんにちわ!

まごころサポーターの宇佐美です。

最近、寒さが厳しい日が続いており、朝方には氷点下ってことも

珍しくない状況です。

外気が寒くなると、突然 “お湯が出ない!?” なんて事が稀に生じます。

これは、給湯器の故障?

かもしれませんが、冷え込みによる給湯器配管の凍結がほとんどです。

※お湯を出そうと操作して最初に出る水すら出ない場合は、お湯の配管と繋がっている給湯器の配管が

 凍結している可能性が高いです。

 なお、水を出すように操作して水すら出ない場合は、水道配管や水栓にトラブルが生じている

 可能性があります。 すぐに弊社へご連絡ください。

そこで、このようなトラブル時に、慌てないための対処法をご紹介しましょう。

 

○配管が凍結している場合

基本的には自然解凍をお待ちください

凍結懸念部分に40℃程度のぬるま湯をかけたりドライヤーを当てるなどしてゆっくりと温めてください

(凍結している場所は、給湯器から出ている配管で野外に露出されているところの可能性が高いです。)

すぐにお湯が出るような対処方法はありませんので、基本的には自然解凍をお待ちください

【ご注意】

  • 火を使って温めたり熱湯を配管にかけたりすると配管が損傷して漏水の原因となりますので、おやめください

 

 

ちなみに・・・

凍結予防策も合わせてご紹介します。

  • (1)ガス給湯器のリモコンの運転スイッチをオフにしてください。
  • (2)お湯の出る蛇口から一分間に牛乳ビン一本以上の水を流し続けてください。(浴そうなどで受けると経済的です)

※凍結予防ヒーターが装備されている機種は凍結予防ヒーターが作動しなくなりますので電源コンセントは抜かないでください

弊社対応エリアである、佐倉市・四街道市・八千代市では、滅多に凍結トラブルは発生しませんが

天気予報などで、「強い寒気が・・・」などと聞いた際は、試してみるのも良いかもしれません。

朝起きて、”お湯が出ない”  凍結だ!  自然解凍するまで待とう!

なんてことはなくなるかもしれません。

宇佐美順一
宇佐美順一

多少ギッシュなイメージですが、極めてソフトな人柄と自負しております。リフォーム工事は一つとして同じ現場がありません。その分、あらゆる状況に対応する経験が物をいうと言っても過言ではないでしょう。沢山の経験を引き出しの中に入れておりますので、お住まいの困りごとをスマートに解決いたします!「こんな事ぐらいで・・・」から「私の理想はこんな感じ」まで、どんな事でもお気軽にお問い合わせ下さい。 ■ 得意分野:内装・設備