まごころサポーターブログ

  • 2022.06.13

【佐倉市】キッチンタイル工事

こんにちは、まごころサポーターの加瀬です。

今日はキッチン周りのタイル工事のご紹介です。

キッチン工事の際は、不随する壁の工事も付き物ですが、
20位年前はタイルが圧倒的に多かったですが、今は不燃性のパネルを張る工事が多くなりました。
工期も短く済みますし、お手入れもし易いので広く使われています。

ただ、今回はお客様の希望でタイル施工を行いました。
タイルは種類が様々で、デザイン性にとんでいるので折角のリフォームなので
遊び心を入れたいという事でご希望頂きました。

タイルのデザインはお客様がタイルメーカーのSRで実際に見て
お選びになりましたが、立体的なタイルもあり、とてもお洒落な仕上がりになりました。

生活の中で目にする事が多い空間なので、パネルだと味気ないなとお考えの方
はタイル施工も視野に入れてはいかがでしょうか。

それでは、失礼いたします。

 

  • 2022.05.09

【佐倉市】集会所屋根補修

こんにちは。まごころサポーターの加瀬です。

今日はご近所の、王子台二丁目町内会館屋根の補修工事を行った工事を紹介します。

 

地元の自治会から仕事を任せて頂く事は、佐倉で【ずっと安心】を掲げている私たちに
とって、とても誇らしい事です。

今回修理を行ったのは屋根の一番上に付いている板金の交換工事になります。

写真の丸の部分のように釘が全体的に緩んだり、抜けたりしていました。
これは中の木材が傷むことによって起きる現象ですので、こういう時は下地木材の交換も
一緒に行います。

下地も板金も綺麗になりました。

こういう板金の劣化は多い現象ですが、最近、訪問販売で多いのがこの板金が
何もなっていないのに、今回のように釘が抜けているとか、板金が浮いていると偽って
屋根に登ろうとする業者が増えています。

そういった業者を実際に屋根に登らせてしまって、しっかりついていた釘を抜かれてしまった
お客様もいますので、絶対に訪問販売の業者は登らせないようにして下さい。

そういう事を言われて不安になったら私たちにご相談下さい。現状をしっかり点検して
工事が必要であれば、適切なご提案をさせて頂きますので、お気軽にご相談下さい。

失礼いたします。

  • 2022.04.11

【佐倉市】外装工事

こんにちは、まごころサポーターの加瀬です。

今日は外装工事の紹介です。

屋根以外の塗装工事だったのですが、雨樋がついていない部分の木部の
傷みが顕著だったので、そちらには板金を張る工事を行いました。

木材は経年劣化で表面が肌割れしてきますので、太陽光と雨が当たりやすい箇所は
どうしても写真のようになってきます。これはどんなにいい塗料を塗っても
起きてしまう事なのですが、それではそこの部分だけ目立ってしまうので
今回はガルバリウム鋼板という錆にくい板金を巻く工事を行っています。

このようにする事で、太陽光や雨から木材を守るだけではなく
長く綺麗な状態に保つ事が出来ます。
外装は常に過酷な状態に晒されていますので、綺麗な状態に
保つ為には塗装以外の方法も駆使していく事も重要です。

それでは失礼いたします。

  • 2022.03.14

【佐倉市】外手摺工事

こんにちは、まごころサポーターの加瀬です。

今回は外手摺工事についてご紹介致します。

門に階段のあるお家で、昇り降りが段々不安になって来たという事で
手摺設置のご依頼を頂きました。

外部の手摺は雨にも当たるので、室内で使われるような木の手摺は取付け出来ません。
外部手摺の材料は腐食しない事と強度の面を考えてアルミ製が多いのですが、
アルミだと手摺を掴んだ時に冷たく感じてしまいます。

毎日使う物で、この冷たさは大変なストレスになりますので、
今回は手摺部分に樹脂のカバーがついた商品を使う事でこの冷たさにも対応しました。
また、樹脂カバーがついている方がより滑り難くなるので安全性も増します。

樹脂のカバーがついていない商品の方が多少安くはなりますが、
安全の為に、長く使い続ける物ですから先を見据えた
商品選定が必要になります。

弊社では工事をした時だけではなく、長くお客様のお役に立てるよう
先の事を考えたリフォームを常に心がけておりますので、
現在のお困りごとは勿論、将来の事で不安になっている事があれば是非ご相談下さい。

それでは、失礼いたします。

  • 2022.02.14

【佐倉市】物置改修工事

こんにちは、まごころサポーターの加瀬です。

今回は物置改修のご紹介をします。

外装工事を行っているお家で、お庭にある物置の塗装も一緒に行うのですが
外壁の下部が傷んでしまっていて、このまま塗ってもあまり
意味のない工事になってしまうので外壁補修してから塗装をする事になりました。

既存の外壁材は高い所で3メートルある板が張ってあるのですが
これをそっくり返るとなると全部を張り替えるように
なってしまうので、部分的に張替えを行いました。

傷んでいる外壁下部を撤去して、新しい板を張りましたが
そのまま張ってしまうと既存壁と新しい壁の継ぎ目が出来てしまい
雨の侵入の恐れがあったので、継ぎ目の部分に水切りという金物を
入れる事により、綺麗に雨に対しても安心な造りで補修する事が出来ました。

この後塗装を行い綺麗に仕上げていきます。

塗装すればどんな物でも、その時は綺麗になりますが
塗る場所が適切な状況になっていないと、直ぐに塗料が
駄目になってしまいます。
ですからどんな工事でも下地をしっかりしておく事が重要なんです。

それでは、失礼いたします。

  • 2022.01.10

【佐倉市】外装工事

こんにちは㈱ハウジングボックス、まごころサポーターの加瀬です。

今日は外装工事のご紹介をします。

今回は塗装工事とフェンス交換、ポストの交換等を行いましたが
工事前にお客様が特に気になさっていたのは、破風という木部の傷みでした。
雨樋が無い部分の破風は太陽光や雨が当たりやすく他の木部に比べると
劣化が早く塗装しても表面のひび割れが比較的早い時期に起きてしまいます。

そこで今回は外壁や屋根は塗装工事を行い、雨樋の着いていない破風は
板金を巻く工事を行いました。

この工事を行う事により、工事直後だけではなく、数年後の見栄えも
維持が出来ます。

外装のメンテナンスは塗装工事だけが最善の策では
ありません。お客様が今後、お家とどう付き合っていくか、
どのようなスパンでメンテナンスを考えているかに
よって最善の策をご提案させて頂き、ずっと安心な生活を
送れるようにさせて頂きます。

それでは、失礼いたします。

  • 2021.11.08

【佐倉市】工事後定期点検

こんにちは㈱ハウジングボックスまごころサポーターの加瀬です。

今日は定期点検のご紹介になります。

弊社では、工事後も「ずっと安心」に暮らして頂けるように
工事後の定期点検を行っています。

外装工事ですと、屋根等の高所はお客様も普段目にする事が出来ず
気にされている方が多いので、定期的に点検を行う事でお客様にご安心を頂いております。

今回は屋根を新しくされたお客様の点検を行いました。まだ、そんなに年数が経っていませんので
とても綺麗な状態でした。
年数が経ち、劣化が出て補修が必要な場合は、最適な方法でご提案をさせて頂きますので、
災害への備えも問題なく過ごせます。

台風の時期になると、全く問題ないのに屋根に問題があると声をかけてくる
業者がとても多くなります。そんな時に弊社でいつも点検をしていると
お客様もはっきりと問題ないと分かりご安心頂けるのです。

こうした定期点検を行っている会社さんはあまり無いので
お客様からも喜ばれています。

もちろん、定期点検でなくともお客様からご相談があれば、点検を行って
最適なご提案をさせて頂きますので、気になる事がありましたらお気軽にご相談ください。

それでは、失礼いたします。

  • 2021.10.25

【佐倉市】多彩調塗装工事

こんにちは㈱ハウジングボックスまごころサポーターの加瀬です。

今日は特殊な塗装工法をご紹介いたします。

一般的に塗装をすると一色で仕上がるので、元々あった柄や色のグラデーション
も消えてしまい、何だかもったいないなーと感じられる方もいらっしゃるかもしれません。

今回使用したスズカファインというメーカーのWBアート工法はそのな悩みを解消できる
塗料になります。

↑は工事中の写真になりますが、ここまでは他の塗料と同じワントーンの
仕上がりになります。

そして↑が次の工程を行った写真です。

どうですか、新品の壁材を張ったような柄に見えませんか。
特殊なローラーでベースの色の上に模様を付けて行くことで
こんなに綺麗な仕上がりになります。

塗り替えたいけど、一色になるのはつまらないなと
感じられている方は、是非こちらの工法をご検討下さい。

それでは、失礼いたします。

  • 2021.10.11

【佐倉市】雨樋補修

こんにちは㈱ハウジングボックス、まごころサポーターの加瀬です。

今日は雨樋の補修をご紹介いたします。

最近の大風で雨樋の一部が外れてしまったので直したいという
ご要望をいただき拝見してきました。

2階から1階の樋に落とす所で部材が外れてしまっておりました。
外れてしまったのは、エルボという部材でした。
角度を調整できる自在式のタイプの物でしたが、その調整できる部分が
外れてしまっていました。

今回は破損が無かったのと、今後動かして調整する必要のない部分だったので
外れてしまった部分をそのまま接着剤で固定を行い対応させて頂きました。

台風みたいに風が強くなると、雨樋が外れてしまったというご相談を
多く頂きますので、同じようなお悩みがありましたら
是非ご相談下さい。
それでは、失礼いたします。

  • 2021.09.27

屋根点検について

こんにちは㈱ハウジングボックスのまごころサポーター加瀬です。

今日は屋根点検ついてご紹介いたします。

数年前に弊社で屋根のてっぺんの板金を交換したお客様から
近くで工事をしている業者さんに棟の板金を留めている釘が浮いているから
直した方がいいよと声を掛けられたとご相談を受けました。

実際に屋根に上って点検をさせて頂いたのですが
全く問題ありませんでした。

↑工事後と殆ど変わらぬ綺麗な状態でした。

お客様に写真をお見せしながら問題ない事をお伝えした所、ご安心頂けました。

今回のように台風シーズンや大雨の情報等があると、こういう、通りすがりや近くで工事を
しているという業者から屋根について指摘を受けたというご相談を多数受けます。
お客様は不信に思いながらも、見えない部分なので、当然心配になり弊社にご相談を頂くのです。
そして、実際に点検に伺って何か問題がある事は本当に少ないです。

本来、お客様にご安心して生活して頂けるようにするのが
我々のようなリフォームを行っている会社の仕事なのに、何も問題ないのに問題があるように
不安を煽り、意味のない工事をしようとするのは詐欺と言っても過言ではないですね。

屋根に問題がありますよという訪問には是非ご注意いただき、もしその事で不安になったら
焦らず弊社にご相談いただければ、点検をして写真をお見せしながら現状のご説明と、もし直す
必要な部分があればしっかりとご提案させて頂きます。

それでは、失礼いたします