まごころサポーターブログ

  • 2017.03.22

浴室、屋根、内部用と外部用シーリング(コーキング)の種類と特徴について

まごころサポーターの大川です。

家の内外、様々な部分で使われているシーリングですが、実は、

多種多様な種類が有り施工場所によって使い分けされています。

写真のように、トイレや水廻りのタイルに施工されている場合は、シリコーン系シーリングと呼ばれる物が

使用されています。

特徴としては水に強く、また防カビ材が入っている物を使用することで、

シーリング上のカビの発生を抑えることが出来ます。

もう一つの特徴としては表面が汚れに強い反面、塗装が出来ないという点が有ります。

ですので、塗装が必要となる外装材やモルタル壁への使用は出来ません。

 

そのような外部への施工については、変性シリコーンを使用します。

こちらは同じシリコンでも塗装が可能です。

 

KIMG2883

写真は破風板金と屋根工事の途中の写真ですが、いずれも変性シリコーンを使用しています。

他も、塗装を前提としていれば、ノンブリードの変性シリコーンを使ったり、

防水の下地処理では速乾のウレタンコーキングを使ったりと様々な用途に応じて

適切な物を使って工事を行っております。

もしご自宅の浴室や洗面台、外部の窓廻りなど、シーリング部分の劣化が※ゴム状の部分

気になりだしたら、まずは当社までお問い合わせください。

材料の違い、工法の違い。一見すると違いが分からないようなことですが、

しっかりとした知識を持って直すことが、大切なお家を守る上で非常に大切な事となります。

 

大川圭一
大川圭一

外まわりのリフォームに関わることが多いです。雨樋、屋根工事、外壁塗装についてのこだわりは強いです。内装工事は、水まわりや修繕工事を自身で行うことが多く、小さな工事も喜んで引き受けます。長くお付き合いさせて頂いているお客様が多く、外構工事や建具調整などなど、様々な工事のご相談を頂いております。ブログではその様子をご報告させて頂きます。 ■得意分野:外装・外構