まごころサポーターブログ

  • 2017.04.16

フローリングの傷が・・・

みなさまこんにちわ!   まごころサポーターの宇佐美です。

 

今回はフローリングについた傷についてご紹介しましょう。

先日、弊社お得意様のH様より、物を床に落としてしまい

「フローリングが抉れてしまった!」と連絡が入り、現地に赴くと

KIMG1228

・・・と、このように何かの角が「ドンっ」と落下した傷が出来ておりました。

このくらいの傷であれば、弊社まごころ職人会のリペア職人の腕をもってすれば

ほぼ分からなくなる傷ですので、H様にご安心頂き、後日補修工事を行いました。

KIMG1230

この通り、「ここに傷があったんだ!」と説明がないと分からないくらいの出来です。

素材や部位・程度にもよりますが、床の傷やサッシの凹みなど、リペアできることって

結構あるんですよ!

みなさまのお宅でも、気になるところがあれば、お気軽にお問い合わせください。

宇佐美順一
宇佐美順一

多少ギッシュなイメージですが、極めてソフトな人柄と自負しております。リフォーム工事は一つとして同じ現場がありません。その分、あらゆる状況に対応する経験が物をいうと言っても過言ではないでしょう。沢山の経験を引き出しの中に入れておりますので、お住まいの困りごとをスマートに解決いたします!「こんな事ぐらいで・・・」から「私の理想はこんな感じ」まで、どんな事でもお気軽にお問い合わせ下さい。 ■ 得意分野:内装・設備