まごころサポーターブログ

  • 2017.06.07

手摺工事について

まごころサポーターの大川です。

今日は手摺工事の紹介です。

写真はリフォーム用の部材で手摺を付けるベースを

施工中の浅野親方です。

既存の壁紙をそのままで施工できることが

リフォーム手摺の一番の特長です。

ベースを付けることで下地の位置を気にせず

施工が出来ます。下地とは壁紙を張ってある下の層の

石膏ボードの更に奥にある、柱や間柱と呼ばれる部分です。

ここにビスが効くことで強度が出ます。無論、石膏ボードに打ったら

すぐに抜けてしまいます。

無事に取付完了です。

最近は階段を踏み外したから、足を滑らせれ落ちたから早く手摺を付けて

欲しいというお客様が多いです。

もしも、階段や玄関など、ここに手摺が有ったらいいなと思ったり、

無くて危ないっと思ったりした場合は、是非当社までご連絡ください。

大川圭一
大川圭一

外まわりのリフォームに関わることが多いです。雨樋、屋根工事、外壁塗装についてのこだわりは強いです。内装工事は、水まわりや修繕工事を自身で行うことが多く、小さな工事も喜んで引き受けます。長くお付き合いさせて頂いているお客様が多く、外構工事や建具調整などなど、様々な工事のご相談を頂いております。ブログではその様子をご報告させて頂きます。 ■得意分野:外装・外構