まごころサポーターブログ

  • 2018.05.30

最近、絶対に雨漏りしていると言われたから、見て欲しいというご相談が増えました。

まごころサポーターの大川です。
最近、『絶対に雨漏りしている』と通りがかりの営業マンに言われたから見てほしいと言うご相談や、
屋根のテッペンのところが浮いていて、風で煽られて飛びそうになっていると言われたが、
どうみても分からないと言うご相談を受けることが多くなってきました。
とは言え、10年以上前から同様のケースで呼ばれることは、しばしば有りました。
このところは、四街道市や、佐倉市の井野方面や八千代市は上高野周辺が多くなっています。
いずれの方も言われることは、不安を煽るような【雨漏り】や、【棟板金が浮いている】、
【飛ばされる】と言ったキーワードが多いです。
確かに屋根は、なかなかご自身の目では近くで見ることは出来ませんから、そう言われてしまうと
不安になり、そういう訪問販売のような業者の言いなりに、屋根に上がらせてしまうことは仕方無いと思います。
しかし、当社で過去にリフォーム工事をさせて頂いたお客様は、そんなときは
『うちは頼むとこ決まっているから、そっちに聞いてみます』と言って、うちに相談してくれます。
↓の写真は、実際に『屋根材が飛びそうになっているから、このままだと雨漏りする。私が点検してあげますよ。』
と、言われた、うちで数年前に塗装工事を行ったお客様宅です。


道路から見る限りは異常有りません。
お客様も不信に思い、当社へ相談してくれました。
念の為、私が屋根に上がると、


まったく屋根には問題有りません。
雨漏りの原因有りませんし、屋根材も釘も浮いていません。

このように悪質な訪問販売まがいのリフォーム会社の方もいますが、親切心で声掛けてくれる方もいるのも事実です。
正直、その判別は非常に難しいところがあります。
そんなときや、屋根の点検、雨漏りについて、困ったときは、まず当社へご相談ください。

大川圭一
大川圭一

外まわりのリフォームに関わることが多いです。雨樋、屋根工事、外壁塗装についてのこだわりは強いです。内装工事は、水まわりや修繕工事を自身で行うことが多く、小さな工事も喜んで引き受けます。長くお付き合いさせて頂いているお客様が多く、外構工事や建具調整などなど、様々な工事のご相談を頂いております。ブログではその様子をご報告させて頂きます。 ■得意分野:外装・外構