まごころサポーターブログ

  • 2018.08.29

屋根リフォームの重要部分、ルーフィングとは?

屋根リフォームをする際に、一番大事なポイントは
表から見える屋根材を施工する前に、その下のルーフィングを
しっかりと張ってあるかどうかです。
当社では、既存の屋根を剥がさずに、その上から金属屋根を施工する
カバー工法を数多く施工してきました。
本ブログでも過去に紹介してきましたが、一般的にはどんな金属屋根を使うか?のみが
テーマでその一層下のルーフィング部分について書いてある他のブログや、そこに対してちゃんと説明して
いるプロが少ないと感じることが有ります。
勿論、当社では目に見えない部分へのこだわりがありますので、外装リフォームのプロにしか分からない本当に大事な部分として、必ずご説明させて頂いております。
下の写真は、丁度、既存の屋根に自粘着タイプ(裏側にノリ付きの物)を施工した後の写真です。


また、ルーフィングにも様々な種類が有ります。
当社はゴムアスルーフィングが主流で有り、リフォームではアスファルトルーフィングは、ほとんど使わなくなりました。
またゴムアスルーフィングも写真のような自粘着のタイプと、そうでは無いタイプに分かれます。
屋根下地を張り替えた場合などは、通常タイプを使うこが多いです。

正直、屋根のリフォーム工事は完了後は見えなくなる部分も多く、施工の良し悪しは
見積だけでは測れないことがあります。
もし屋根工事でお悩みの方、屋根工事をご検討中の方は是非、当社ご相談ください。

大川圭一
大川圭一

外まわりのリフォームに関わることが多いです。雨樋、屋根工事、外壁塗装についてのこだわりは強いです。内装工事は、水まわりや修繕工事を自身で行うことが多く、小さな工事も喜んで引き受けます。長くお付き合いさせて頂いているお客様が多く、外構工事や建具調整などなど、様々な工事のご相談を頂いております。ブログではその様子をご報告させて頂きます。 ■得意分野:外装・外構