まごころサポーターブログ

  • 2020.10.03

佐倉市瓦工事

こんにちは、㈱ハウジングボックスの加瀬です。

今日は瓦の棟部分の工事についてご紹介いたします。

和瓦の頂点には瓦が何段か積んであります。こちらはお家によって何段積んであるか
変わるのですが、積んだあとの固定方法に種類があります。

少し前の施工方法だと写真のように一番下の瓦から上の丸い部分までを銅線でぐるっと縛る
方法がとられていましたが、年数が経つと写真の右〇部分のように銅線が切れてしまい
瓦がずれてしまうという事があります。

弊社が主に行っている方法は一段一段瓦同士でつないでいく方法をとっていますので
瓦同士の動きが少なくてすみます。手間はかかりますが耐久性はこちらの方法の方が良いのです。

一番最後の丸い部分は内側から通して縛る事により強度があがります。

同じ瓦工事でも遠目にみたら分からない部分で違いはありますので
見える所があったら確認してみてはいかがでしょうか。

それでは失礼いたします。

加瀬瑞希
加瀬瑞希

まごころサポーターの加瀬です。雨樋補修や塗装の補修等外装の工事を多く行っています。まごころサポーター陣の中で一番若いので、高所の作業や点検などはお任せ下さい!ただいま電気工事を勉強中です。宜しくお願いいたします。 ■得意分野:外装・外構