まごころサポーターブログ

  • 2020.10.22

八千代市ガルバリウム鋼板屋根工事

こんにちは、㈱ハウジングボックス工事課の加瀬です。

今日は屋根工事で既存の屋根に新しい屋根を被せる工事を紹介いたします。

多くのお家に施工されているスレート屋根材(商品名が有名なのはコロニアル)は
年数と共に反りや割れ等の経年劣化が起きます。
屋根のメンテナンス工事として塗装工事が一般的ですが、年数が経った状態ですと
塗装をしてもあまり状態が改善されないケースも出てきます。
また、状態が良くても塗装だと、数年後にまた塗装をしないといけないという事から
金属製の軽い屋根材を上から葺き被せる工法をとる事も増えております。

写真は弊社で採用している屋根材の一つでIG工業のスーパーガルテクトという商品になります。
ガルバリウム鋼板というアルミと亜鉛の合金で出来ているので、錆びにくいのと断熱材があることで
鉄板でも熱が伝わりにくい利点があります。

施工後の写真ですが、既存と同じように横方向に葺いていくので
違和感なく仕上がります。

屋根のメンテナンス一つでも状態に合わせて色々な工法がございますので
お悩みの際は是非ご相談ください。

加瀬 瑞希
加瀬 瑞希

まごころサポーターの加瀬です。雨樋補修や塗装の補修等外装の工事を多く行っています。まごころサポーター陣の中で一番若いので、高所の作業や点検などはお任せ下さい!ただいま電気工事を勉強中です。宜しくお願いいたします。 ■得意分野:外装・外構