まごころサポーターブログ

  • 2020.12.19

カメラ付きドアホン

皆さんこんにちわ! 修繕担当 工事課の宇佐美です。

本日はカメラ付きドアホンを交換してきたのでご紹介します。

先日、弊社OBのO様より連絡があり、「インターホンの調子が悪いので見て欲しい」

との連絡が入り、O様宅に訪問してきました。

ご自宅に着きインターホンを押しても反応がなく、”あっ!調子が悪いと言っていたな。”

と思い、ドアをノックすると同時に『ピンポーン』と鳴り出し、後ろを振り返るも

誰もおらず・・・

先ほど押したのが時間差で反応したようでした。

音が鳴る時・鳴らない時、声が聞こえる時・聞こえない時などの症状が出ているとの事で

早速調べてみると、どうやら埋設されている信号線がダメになっているようでした。

埋設信号線の引き直しとなると、室内外含め着手ヶ所が増えてしまい、工事額も高額と

なることが予想されるので、ワイヤレスドアホンでの施工を提案

O様は、「その手があったのか!」とばかりに即断即決し、商品が入荷次第工事をすることとなりました。

後日、交換工事を行い無事来訪者の対応ができるようになりました。

インターホンなどの埋設信号線は、経年と共に弱り断線したり、接触不良を起こすことがあります。

新たに線を引くにしても、埋設にするのか露出にするかなど迷うところかと思います。

埋設にすれば今までのようにスッキリとしますが、室内側も含め関連工事が莫大となりますし

かといって、露出で新規配線をした場合 内外共に見た目の問題が・・・

そんな時は、ワイヤレスタイプのドアホンであれば、見た目も有線機種と変わらず簡単に交換ができます。

(玄関子機に単3電池6本使用するため、半年くらいに1回程度電池交換が必要となります)

このタイプも一考かとw

 

宇佐美順一
宇佐美順一

多少ギッシュなイメージですが、極めてソフトな人柄と自負しております。リフォーム工事は一つとして同じ現場がありません。その分、あらゆる状況に対応する経験が物をいうと言っても過言ではないでしょう。沢山の経験を引き出しの中に入れておりますので、お住まいの困りごとをスマートに解決いたします!「こんな事ぐらいで・・・」から「私の理想はこんな感じ」まで、どんな事でもお気軽にお問い合わせ下さい。 ■ 得意分野:内装・設備