まごころサポーターブログ

  • 2021.05.17

棟積み直し工事

こんにちは㈱ハウジングボックスの加瀬です。

今日はセメント瓦の棟積み直し工事についてご紹介いたします。

セメント瓦も陶器瓦のように種類が沢山ありますので
棟の形状や積み方もそれぞれ違いがあります。

今回の瓦は芯に木材を入れて釘で留めているタイプでした。

元の施工方法は木材を積み上げていく方式でしたので、心材自体がグラグラして
しまっておりました。

新しく心材をいれた。写真になります。
新規施工の際には木材を積み上げるのではなく
強力棟という金物を使う事により強度を上げました。

棟を設置する前に防水の為に乾式面戸という材料を
両側に設置します。

最後に棟をビス止めをして完了です。

今回のように棟を釘やビスで留めているタイプは年数で木材が弱って
ぐらついたりビスや釘が抜けてしまうケースがあり、そこに台風等で
強風があたると飛んでしまう事もあります。

セメント瓦に限らず陶器瓦でも棟は重要なメンテナンス部なので
今まで一度も工事をされていない方は工事のご検討をお勧めいたします。

それでは失礼いたします。

 

加瀬 瑞希
加瀬 瑞希

まごころサポーターの加瀬です。雨樋補修や塗装の補修等外装の工事を多く行っています。まごころサポーター陣の中で一番若いので、高所の作業や点検などはお任せ下さい!ただいま電気工事を勉強中です。宜しくお願いいたします。 ■得意分野:外装・外構