まごころサポーターブログ

  • 2021.07.12

エアコンメンテナンス(ドレーン)

皆さんこんにちは!

サポート課 栗原です。

エアコンのドレーンについてお伝えします。

 

佐倉市王子台にお住まいのH様宅にて、ドレーン菅の劣化で室外機周辺が水浸しになってしまったのでどうにかしてほしいと要望があり伺いました。

 

この時期湿度や気温が高くなってきたことで,みなさんもエアコンを使い始めた頃ではないでしょうか。使い始める時に,エアコン内部の洗浄をして準備することがメインとなり,室外機周辺の確認はあまりされていないかもしれません。外の部品で劣化が早く壊れやすい物の中に今回H様宅で修繕させていただいたドレーン菅があります。

ドレンとは「排出する」という意味があります。エアコン内に溜まった水を宅外に排出する役割であり,水の通り道をドレーン菅(ホース)が担っています。

紫外線や雨風にさらされているため劣化も早く,ひび割れにより水が周囲に飛び散る原因になります。スリムダクトに入っていても露出しているところだけでなく確認の際は中まで確認し,少しでも劣化が進んでいると感じた場合は,早め早めの交換をお勧めいたします。

ものを長持ちさせるための秘訣は,日々のメンテナンスを行うことにあります。

専門的視点からものの状態を見極め,改善に向けるアドバイスや長持ちさせる秘訣。さらには清掃の仕方まで幅広くお伝えさせていただけます。

 

気になることがあれば,いつでもなんでも『ハウジングボックス』にご連絡ください!これってどうしたらいいかな?どこに頼めるかな?そんな『はてな?』にお応えします。

栗原 智彦
栗原 智彦