まごころサポーターブログ

  • 2021.08.02

【佐倉市】天窓カバー交換

こんにちは㈱ハウジングボックスの加瀬です。

今日は天窓のカバー交換をご紹介いたします。

天窓にも色々と種類がありますが、ガラスの外側にドーム型のカバーが
付いているタイプがあります。

このタイプは中のガラスの周りに防水がされていないので、カバーが割れると
雨漏りするリスクがあります。


↑赤線の部分に通常の窓ガラスのようにパッキン等の止水がされていません。

このドーム型のカバーは、既存で付いている物の殆どが
アクリル製の為、経年劣化でヒビが入ってしまっている事が多いです。

これを改善する為にはカバーを交換をする必要があるのですが、現行のドームカバーだと決まったサイズの物しかありませんので、合わない場合は加工してカバーを作る必要があります。

今回はサイズが合わなかったのでポリカーボネート板を加工してカバーを付けました。

ポリカーボネートはアクリルに比べて衝撃にも強いので
台風や雹等の災害に対しても安心な仕上がりになりました。

カバーのヒビは下からは分かりませんので、状態が気になる方は
点検の依頼を頂ければ確認させて頂きますので、お気軽にご相談下さい。

それでは失礼いたします。

加瀬 瑞希
加瀬 瑞希

まごころサポーターの加瀬です。雨樋補修や塗装の補修等外装の工事を多く行っています。まごころサポーター陣の中で一番若いので、高所の作業や点検などはお任せ下さい!ただいま電気工事を勉強中です。宜しくお願いいたします。 ■得意分野:外装・外構