まごころサポーターブログ

  • 2021.08.06

ご自身で壁紙補修をやってみませんか?

こんにちは。

サポート課 立原です。

今日は壁紙の補修についてご紹介です。

トイレや洗面台のそばの壁紙に傷をつけてしまった、別に生活に支障はないけど目についてしまって気になる。

こういったご相談をいただくことがあります。

 

本来壁紙を貼り替える必要がありますが、トイレ内や洗面台などがあると設備機器を取り外して貼り替えてまた戻してと、

約一日かかる作業となってしまいます。

ご希望であれば壁全体の貼り替えをご提案させていただきますが、簡易的な補修ならホームセンターなどで買える材料で1000円以内で直せちゃうんです。

 

こちらの写真が傷をつけてしまった箇所です。赤丸のなかがめくれてしまっています。

剥がれたクロスがまだ残っている状態だとより補修の仕上がりが良くなるので、

無理に剝がさないようにしてください。

 

今回はジョイントコークという材料を使って補修をしました。

ホームセンターの内装材または障子・壁紙・マスキングテープなどの売り場の近くにあることが多いです。

 

使い方はジョイントコークを傷が覆われるくらいの量を直接塗り付け、

濡れ雑巾やスポンジなどでふき取ります。

このまま乾燥させるとコークが固まり、シリコンが目地の風合いを出してくれます。

剥がれたクロスがある場合、コークを塗ってから切れ目同士を繋げるように戻しゆっくりと押し伸ばします。

ふちから余ったコークが出てくるのでふき取って完了です。

こちらが完成時の写真です。

 

来客がきても入らない部屋だったり、家族しか見ない場所、その他お金をかけるまでもないけど

なんとかしたい!といって時チャレンジしてみてください。

 

 

アバター
立原和樹