まごころサポーターブログ

  • 2016.09.27

棟板金交換

こんにちは、加瀬です。

今日はスレート屋根の棟板金を板金職人に補修してもらった現場です。

スレート屋根のてっぺんには棟包みという板金が着いていますが、
木材に釘打ちしているので、木材が釘が緩み大風で飛んでしまう事が
あります。台風被害で多い事例です。

1474585828490 1474586026075

補修手順としては、既存の木材を解体して新規の木材を取り付けます。
この時、新規の木材は防腐加工のしてあるものを使っています。

 

最後に棟包みを取り付けます。重ね目には水が染みてこないように
防水材を充填します。

年数が経つとどうしても木材は傷みますので、塗装等で屋根を見てもらう
機会がありましたら、釘が著しく浮いていないか一緒に調査してもらう事を
お勧めします。

それでは、失礼いたします。


加瀬 瑞希

お家の事で不安になった時に、私に相談すれば大丈夫だと思って頂けるように日々心がけています。また、リフォームが【終わった時だけ良いではなく、終わった後も長く良い】となるように細部まで拘って工事を管理しています。お客様お一人お一人に安心して頂くことにより、佐倉市全体が安心して暮らせる地域にしていきます。