まごころサポーターブログ

  • 2021.10.04

雨が降っても大丈夫!滑り止め施工

皆さんこんにちは!

サポート課 栗原です。

本日は床の滑り止め施工についてお話しさせていただきます。

 

佐倉市王子台にお住まいのK様宅にて、先日玄関外の床をコンクリ―トからタイルに変更させていただきました。その際、雨が降った時の安全対策として、滑り止めの施工を後日行いましょうとお話しさせていただき進めてきました。

 

滑り止めといっても種類は沢山あります。特に目にするのは階段の淵にゴムやテープを取り付ける方法です。安価で施工も簡単ですが、使用頻度によってはすぐに取れてしまうこともあります。

そのため、今回はタイル全体に滑り止め専用の塗料を塗布しました。

特徴は、雨で塗れていても滑り止め効果が持続しており、施工範囲も希望に沿った内容で対応が可能です。また、透明色のためタイルの色やデザインを維持することができます。

 

施工後、水をまいた状態の床をお施主様に歩いていただきましたが、ご満足のいく効果と仕上がりだったと、お声をいただきました。

 

身の回りの危険な箇所がどこか。何故危険か。どうすることが出来るか。

場所や状態から最適な解決策を考え・ご提案させていただけます。

いつでも、なんでも皆様の身近な不安をハウジングボックスが解決します。

『ずっと安心』のために、お気軽にご活用ください。

 

※左が施工前、右が施工後の写真です。

栗原 智彦
栗原 智彦