まごころサポーターブログ

  • 2021.10.20

フローリング張替工事

㈱ハウジングボックスの松浦です。

先日佐倉市で施工したフローリング工事についてご紹介します。

 

まず元々のフローリングを解体していきます。

フローリングを剥がしていくと、床の下地となる「根太」が現れます。

人がよく通る廊下等のフローリングは経年劣化により、ふかふかしたり凹むようになってしまう箇所がでてくることがあります。

その場合、根太と根太の間が沈んでしまうので、根太の数が少ないとフローリングも長持ちしません。

今回は補強も兼ねて根太を追加しました。

フローリングの素材自体も従来のものより強度が上がっています。

これならこの先も安心して歩くことができます。

今回は「根太」に焦点をあてましたが、当社ではこのような普段は見えない部分にこだわって施工しています。

 

ご相談・ご質問など是非お気軽にお問い合わせください。

 

アバター
松浦 花歩