まごころサポーターブログ

  • 2021.12.24

■ビフォーアフター 外階段手すり(樹脂タイプ)をご紹介します!!

皆さん、こんにちは!!

㈱ハウジングボックス サポート課の富川です。

今回、ご高齢の方からよくご相談をいただく”外階段手すり工事”をご紹介します!!
これからご紹介します工事もご高齢の方からのご相談です。
工事のきっかけは『年々階段の上り下りすることが厳しくなってきた・一段一段の高さが結構あるから足を踏み外したり躓いたりして転倒して骨折する可能性があるので何とかしたい』との安心・快適な生活実現をしたいとの強い希望からです。

施工前の写真がこちらです。

【Before】

玄関ドアから門扉までなんと距離が約6m以上あります。写真を見ていただければお分かりいただける通り、掴むところや支えるところが一切に見当たりません。歩行に不安を抱えている方、特にご高齢の方ですと非常に危険な状況ですので、最悪のケースですと転倒し骨折することにもなります。やはり外出時の安全と快適な生活を確保するためには”手すり”が必要不可欠となります。

それでは見てみましょう!!施工後の実際の写真がこちらです!!

【After】

手すりの素材は大きく”アルミ”と”樹脂”の2種類があります。形状も握り易さ重視の”丸棒手すり”と手のひらで支える”だ円手すり”の2種類があります。身体状況によりますが、多くの方々は握り易さを重視した丸棒手すりを選ばれます。手すりの高さは大腿骨転子部(だいたいこつてしぶ)を基準に設置をすることがポイントです!!高さ設定は主に手すりを使用される方の基準で考える事が最も重要です!!

参考まで(手すり本体:LIXIL グリップライン(樹脂タイプ))
※介護保険サービスの住宅改修工事の対象工事です。
※申請手続きも弊社で対応可

T様も『職人の対応・工事の納まり全てに関して大変満足しております。これで安心で快適な生活を過ごせます。ホッとしました。本当にありがとうございました。お家の事で困った事があれば必ず声を掛けます!!』とおっしゃって下さいました。

今回ご案内しましたリフォーム工事以外の細かな工事も対応しております。今後も皆さまへ『ずっと安心』してもらえる工事提案と施工提供を取り組んで参ります。

皆さまからのお問い合わせ・ご相談を心よりお待ちしております。

 

アバター
富川篤史