2022.01.06 Thu

新年のごあいさつ

あけましておめでとうございます。

 

高村光太郎の「牛」を一部掲載します。

(一年おそかったです・・・)

 


 

牛はのろのろと歩く

牛は野でも山でも道でも川でも

自分の行きたいところへは

まつすぐに行く

牛はただでは飛ばない、ただでは躍らない

がちり、がちりと

牛は砂を掘り土を掘り石をはねとばし

やつぱり牛はのろのろと歩く

牛は急ぐ事をしない

牛は力一ぱいに地面を頼つて行く

自分を載せてゐる自然の力を信じきつて行く

ひと足、ひと足、牛は自分の道を味はつて行く

ふみ出す足は必然だ

うはの空の事ではない

 


 

私たちは「牛」のようになりたいと考えています。

詩のままでは誤解を生みそうな部分もありますが、ここではこれ以上書きません。

まだまだ理解が浅いこともあり、はっきりと言語化できない部分もあります。

そういった部分を、今年1年間、みなさまと歩きながら考えさせてください。

 

佐倉市のお客さまの『ずっと安心』のために。

「牛」のようになりたいのは、さらにこのことに没頭するためです。

 

本年もよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA