2022.05.05 Thu

「整体師」との共通点

長期休暇が近づくたびに、普段できないことをリスト化します。

それを完了するのが休暇中の楽しみ(笑)

今回はじめて入れたものに「整体に行く」があります。

 

 

行ってきました。(約10年ぶり)

まず、問診票に症状を記入。それをもとに整体師の方に具体的に聞かれます。

わたしは違和感や痛みがある体の部分について伝えました。

 

初回ということで、「立って背中を見せてください」とか、全身を触診。

ほかにもありましたが、部分ではなく体全体を知ろうとしてくれました。

それから整体がはじまります。

 

こういったことは専門家からするとあたり前のことでしょう。

わたしたちの仕事に置き換えても、共通しています。

 

お客さまが、わたしたちに要望や不具合などをお伝えくださるとき、ほとんどが部分です。

それは仕方がありません。実際に、こまっていることがあれば、そうなります。

しかし、わたしたちは部分で答えてはいけません。

場当たり的というか短期的な解決であり、対応になってしまうからです。

もちろん、水漏れや急を要するものはすぐやります。

 

まずは、家全体を知る。

さらには要望の背景なども。

そうすることで、お客さま自身を知ることにもなり、結果として良い提案なり、対応ができる。

わたしたちは、このように考えています。

 

今回のブログは、お客さまの『ずっと安心』という理念を掲げているわたしたちの思いを、あらためてお伝えするために書きました。

 

そして、もうひとつ、整体師の方との共通点に気づきました。

体では痛む前。家だと不具合が起きる前。

予防としてのメンテナンスがとても大切ということです。

 

『ずっと安心パック』は、その一端を担っています。

ぜひお役立てください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA